理学療法士の給料や求人、資格、専門学校などの情報

スポンサードリンク

理学療法士とは

理学療法士

理学療法士(Physical Therapist、PT)とは、病気や怪我、加齢のために身体に本来存在する機能が衰えたり損なわれたりした人に、運動療法や物理的療法を施して機能回復を手助けするコ・メディカル(医療従事者のうち医師や歯科医師以外の者)の一種である国家資格です。


理学療法とは、身体に障害のある者や障害・疾病が予測される者、健康な者、スポーツ選手に対し、主としてその基本的動作能力の回復や維持を図るためや健康維持のために行う適切な運動・処方、スポーツ障害の予防などのために、治療体操その他の運動を行わせ及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいいます。


多くの臨床研究から、病気や手術後の早期段階からリハビリテーションを開始すると、回復が早くなったり、寝たきりによる筋力の低下などの二次的障害を防ぐ効果があることが実証されています。


そして理学療法・リハビリテーションの専門家として国家資格となったのが理学療法士です。


理学療法には主に運動療法物理療法があります。


運動療法は、運動することにより呼吸循環代謝機能を改善・維持させたり、運動障害、つまり麻痺や関節障害、筋障害(筋力低下など)、疼痛等を運動によって改善・維持するものです。


物理療法は、電気・光線・温熱・マッサージ・牽引などを用いて痛みの緩解や血液循環の改善、筋機能の改善を図ります。

理学療法士になるには

理学療法士の資格を取得するのは、国家試験に合格する必要があります。


理学療法士の国家試験の受験資格を得るには、まず専門の養成機関(養成校)で3年以上の教育を受けなければなりません。


文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した養成校に入学するには、大学入学資格を得て入学試験に合格する必要があります。

(大学入学資格とは、高等学校・中等教育学校の卒業者及び大学入学資格検定の合格した人が対象となります。)


最近では、いったん社会に出てから理学療法士を目指す人も多く、理学療法士養成校に入学する人の50%以上は社会人経験者です。


養成校によっては社会人特別入試を実施している場合もありますが、募集枠は若干名の場合も多いので一般入試対策も準備しておきましょう。

スポンサードリンク